Home 技術関連情報 Software WindowsのSubVersionをSSLで公開する手順 - SSL経由でSuvVersionを使ってみる
WindowsのSubVersionをSSLで公開する手順 - SSL経由でSuvVersionを使ってみる PDF 印刷 Eメール
作者 熊川 勝   
2008年05月 20日(火曜日) 16:38
記事索引
WindowsのSubVersionをSSLで公開する手順
ApacheのSetup
SubVersionのSetup
SVNの設定と動作確認
SVNの利用準備
Apacheの設定
ApacheでSSLを利用
SSL経由でSVNを利用
全てのページ

● SSL経由でのSVNアクセス

ここまでで、とりあえずの設定はできているはずなので、SSL経由でも繋がるかの確認をします

  • ブラウザにて確認する

ブラウザにて、「https://localhost/svn」へ接続します

HTTPの時と同様に接続できればOKです

  •  「TotoiseSVN」の中の「リポジトリブラウザ」を利用して、接続の確認をする

SVNの確認の時には、「svn://localhost/svn」と入れましたが、これを「https://localhost/svn」に変更して開いてみます

結果、「svn://localhost/svn」と同じに開けたら、Apache経由での接続が可能となっています

 

● 最後に

この方法でとりあえず使用する事はできますが、実際に運用するには、セキュリティ面など非常に危ういので、各設定を見直して下さい

 



LAST_UPDATED2
 
HSB WebSite - フリーITエンジニア 熊川のWebSite -, Powered by Joomla! and designed by SiteGround web hosting