Home 技術関連情報 Software WindowsのSubVersionをSSLで公開する手順 - SVNの利用準備を行う
WindowsのSubVersionをSSLで公開する手順 - SVNの利用準備を行う PDF 印刷 Eメール
作者 熊川 勝   
2008年05月 20日(火曜日) 16:38
記事索引
WindowsのSubVersionをSSLで公開する手順
ApacheのSetup
SubVersionのSetup
SVNの設定と動作確認
SVNの利用準備
Apacheの設定
ApacheでSSLを利用
SSL経由でSVNを利用
全てのページ

● SubVersionの設定

Apache経由で利用できる様にする前に、まずはSubVersionを利用可能にします。

  •  まずはSVNのリポジトリを準備します

ここでは、リポジトリを「C:\SVN」に作成します。フォルダを選択し、右クリックでコンテキストメニューを表示します

表示されたコンテキストメニューの「TortoiseSVN」の「ここにリポジトリを作成」を選択します

 

  • まず、リポジトリのデータ格納形式を選択します。特に問題が無ければ、そのまま「OK」をクリックします

 

  • 下記の画面が表示されれば、リポジトリの作成終了となります

 

  • リポジトリが出来ているかを確認します。

リポジトリを作成したフォルダを開き、下記の様なフォルダやファイルが作成されていれば、正常に作成されています。

 

  • svnserve.confの設定を行う

作成したリポジトリの中(ここではC:\SVN\の中)にあるconfディレクトリを開きます

この中の「svnserve.conf」というファイルがあるので、このファイルを編集します。この設定を行う事で、SVNへ接続する人に認証が必要なのか、アクセス権をどうするかなどが設定できます

[general]

# anon-access = read

# auth-access = write

# password-db = passwd

# authz-db = authz

# realm = My First Repository

ファイルの中にあるコメント(頭の#)を必要に応じて取り除きます

ここからの説明は、下記の設定で進めて行きます

[general]

anon-access = none

auth-access = write

password-db = passwd

# authz-db = authz

# realm = My First Repository

 

  • passwdファイルの設定を行う

作成したリポジトリの中(ここではC:\SVN\の中)にあるconfディレクトリを開きます

この中の「passwd」というファイルがあるので、このファイルを編集します。この設定を行う事で、SVNへのログインユーザー/パスワードを指定する事ができます

[users]

# harry = harryssecret

# sally = sallyssecret 

user=passwordの形でここへ記入を行います

ここからの説明は、下記の設定で進めて行きます

[users]

harry = harryssecret

# sally = sallyssecret

 

● SubVersionの設定を確認する

この時点で一度、設定の内容を確認します

  • SubVersionを起動する

ファイル名を指定して実行から「"C:\Program Files\Subversion\bin\svnserve.exe" -d」を実行します

 

  • リポジトリブラウザを起動する

デスクトップなどを右クリックし、「TotoiseSVN」の中の「リポジトリブラウザ」を選択します

 

  • URLの入力を求められるので、「svn://localhost/svn」(実際の環境にあわせてください)と入力し、「OK」をクリックします

 

  • 設定がうまく行っていると、ユーザー名とパスワードが要求されます

passwdファイルに記述したユーザー名とパスワードを入力します。また認証を保存するをチェックして、「OK」をクリックします

 

  • この画面まで進めばとりあえず設定は成功してると思われます

 

  • 念のため、書き込み権限があるかどうかを確認します

表示されている「svn://localhost/svn」を右クリックします。表示されたコンテキストメニューの中から「フォルダを作成」を選択します

 

  • すると、作成するフォルダの名前の入力を求められるので、フォルダ名を入力して「OK」をクリックします

 

  • 次にログメッセージの入力を求められますが、そのまま「OK」をクリックします

 

  • フォルダが無事に作成されれば、書き込み権限は無事に設定されていることになります

 



LAST_UPDATED2
 
HSB WebSite - フリーITエンジニア 熊川のWebSite -, Powered by Joomla! and designed by SiteGround web hosting