Home 技術関連情報 Software WindowsのSubVersionをSSLで公開する手順
WindowsのSubVersionをSSLで公開する手順 PDF 印刷 Eメール
作者 熊川 勝   
2008年05月 20日(火曜日) 16:38
記事索引
WindowsのSubVersionをSSLで公開する手順
ApacheのSetup
SubVersionのSetup
SVNの設定と動作確認
SVNの利用準備
Apacheの設定
ApacheでSSLを利用
SSL経由でSVNを利用
全てのページ

●WindowsのSubVersionをSSLで公開する手順について紹介します

ここでは、ApacheのSSLを利用して、SubVersionを公開する手段について紹介しています。

また、Linux側の情報などは多くあるので、ここではWindows版での解説を行います。 

 

今回の環境

  • Windows XP Professional SP2
  • Apache 2.0.63 Binary including OpenSSL 0.9.7 Windows版
  • SubVersion 1.4.6 packages built against Apache 2.0 Windows版
  • TortoiseSVN 1.4.8 32Bit Windows版 + 日本語 Language pack

 

必要なファイルを入手する

  • Apache 2.0.63 Binary including OpenSSL 0.9.7 Windows版

ApacheはJapan Apache Users Group(http://www.apache.jp/)よりダウンロード可能です。

今回はWindowsに入れるのを目的としている為、「apache_2.0.63-win32-x86-openssl-0.9.7m.msi」というバイナリパッケージを利用します。

  • SubVersion 1.4.6 packages built against Apache 2.0 Windows版

SubVersionはSubversion project(http://subversion.tigris.org/)よりダウンロード可能です。

Apache同様、今回はWindowsに入れるのを目的としている為、「Win32 packages built against Apache 2.0」と書かれている所の「svn-1.4.6-setup.exe」というバイナリパッケージを利用します。

また、今回はApache 2.0系を利用している為、SubVersionもApache 2.0系の物を利用しています。

  • TortoiseSVN 32 Bit Windows版

TortoiseSVNはTortoiseSVN project(http://tortoisesvn.tigris.org/)よりダウンロード可能です。

TortoiseSVNはWindows GUIのツールなので、Windows版しかありません。今回は32BitのWndows環境を利用している為、32Bit版の「TortoiseSVN-1.4.8.12137-win32-svn-1.4.6.msi」というバイナリパッケージを利用します。

また、ダウンロードページにLanguage packsというものがありますので、そちらのJapaneseの32Bit版を選択し、「LanguagePack-1.4.8.12137-win32-ja.exe」というバイナリパッケージを利用します。

 



LAST_UPDATED2
 
HSB WebSite - フリーITエンジニア 熊川のWebSite -, Powered by Joomla! and designed by SiteGround web hosting