Home 開発関連情報 Flex Flex Builder 3でソースコードの更新管理
Flex Builder 3でソースコードの更新管理 PDF 印刷 Eメール
作者 熊川 勝   
2008年07月 29日(火曜日) 14:46
記事索引
Flex Builder 3でソースコードの更新管理
subclipse install
全てのページ

Flex Builder 3でソースコードの更新管理

Flex Builder 3にEclipseのSubVersionプラグイン「Subclipse」を入れて、SubVersionを利用可能にする手順を記載しています

※この記事を書いた時点のFlex Builder 3は「バージョン 3.0 (ビルド 3.0.194161)」になります

※この記事は、Adding Subclipse to Flex Builder 3 Standaloneを参考にさせて頂きました

● Flex Builder 3を起動

まずはFlex Builder 3を起動し、Subclipseをセットアップする準備を行います

 

● 「ヘルプ」メニューから「ソフトウェア更新」を開き、「検索およびインストール」を選択します

 

● 「インストール/更新」画面の操作

「インストールする新規フィーチャーを検索」を選択し、「次へ」をクリックします

● 「インストール」画面の操作

「Europa Discovery Site」を選択し、「終了」をクリックします

● 「更新サイトのミラーリング」画面の操作

今回は、「[Japan] Japan Advanced Institure of Science and Technology (http)」を選択し、「OK」をクリックします

 

● 「更新」画面の操作

「Europa Discovery Site」を開き、「Java Development」を開きます

 

「Java Development」の中の、下記にチェックを付けます

● 「Eclipse Java Development Tools (~省略~)」

● 「Eclipse Plug-in Development Environment (~省略~)」

チェック後、「次へ」をクリックします

 

● 「インストール」画面の操作

「使用条件の乗降に同意します」を選択し、「次へ」をクリックします

 

● 「インストール」画面の操作2

「終了」をクリックします

 

● 「検索」画面の操作

「すべてインストール」をクリックします

※クリック後、インストール処理が開始します

 

● 「インストール/更新」画面の操作

インストールが終了すると、下記のメッセージが表示されるので、「はい」をクリックして、Flex Builderを再起動します



LAST_UPDATED2
 
HSB WebSite - フリーITエンジニア 熊川のWebSite -, Powered by Joomla! and designed by SiteGround web hosting